るなぱあく


  「しんぶん赤旗日曜版」、食わず嫌いじゃもったいない。
   政治や経済・国際情勢から文化・学問の話題まで、知的好奇心旺盛な教養人の必読紙です。
 
   日本を代表するクオリティ・ペーパー「しんぶん赤旗日曜版」(SAN)の優れた記事をツイッターやはてなハイクを利用してじゃんじゃん紹介していきます。
   このブログはその過去ログということで。
   ツイッターやはてなハイクを使用している皆様、フォローお願いします。
   
     ★⇒ はてなハイク minshushugisha さんのエントリー

★⇒ ツイッター qualitypapersan 

 
はてなハイク

るなぱあく

◎しんぶん赤旗日曜版4月20日号より【今週のツボ1本!】

【10円でカウボーイ 前橋「るなぱあく」】

 

 群馬県前橋市にある中央児童遊園は、子どももおとなも楽しめる「日本一なつかしい遊園地」ということです。現役で活躍する遊具として全国初の登録文化財になった「もくば館」もある……ということで、記事を紹介。

 

るなぱあく」の愛称で親しまれるこの遊園、今から54年前に市制施行60周年などを記念して開かれた大博覧会の会場の一つとして開園。

 

 メリーゴーラウンドや飛行塔、まめ電車などが設置され、大型遊具は1回50円、小型遊具は10円で乗れて

「日本一安い遊園地」

と言われている。

 

 木造の「もくば館」は5台の「木馬」とともに登録有形文化財となった。

子どもたちに大人気の「木馬」。実は鉄製です。当時つくられた木馬のうち、いまも動いているのは全国でもこの5台だけ。リアルな馬の表情や、西部劇をイメージさせる駅馬車の背景に懐かしさがただよいます。

 

「冒険の世界へと夢が広がる木馬は、遊具の原点だと思います。何度でも来てください」(園長の田原学さん)

 

s(・・;)

 こんな遊園地、あったんですね。

 新聞には木馬の写真も掲載されていて、なかなかいい味出しています。

 この記事には載っていなかったのですが、木馬は小学生までのお子様専用だそうです。他の乗り物も大人は乗れないのかもしれない。

 でも、見るだけでも行ってみたい。

 

るなぱあく 公式サイト http://www.lunarpark.jp/

  

10円から遊べる!!遊園地るなぱあく http://ippodayo.com/yuuenti/

  

wikipedia:るなぱあく