資本主義から民主主義へ!小さな行動 このページをアンテナに追加 RSSフィード


  「しんぶん赤旗日曜版」、食わず嫌いじゃもったいない。
   政治や経済・国際情勢から文化・学問の話題まで、知的好奇心旺盛な教養人の必読紙です。
 
   日本を代表するクオリティ・ペーパー「しんぶん赤旗日曜版」(SAN)の優れた記事をツイッターやはてなハイクを利用してじゃんじゃん紹介していきます。
   このブログはその過去ログということで。
   ツイッターやはてなハイクを使用している皆様、フォローお願いします。
   
     ★⇒ はてなハイク minshushugisha さんのエントリー

★⇒ ツイッター qualitypapersan 


はてなハイク

  http://catchcopy.g.hatena.ne.jp/minshushugisha/archive
   ↑当ブログの総目次です。
 

2009-09-03何かを完全否定して、何かを絶対視することの危険性

[]何かを完全否定して、何かを絶対視することの危険何かを完全否定して、何かを絶対視することの危険性 - 資本主義から民主主義へ!小さな行動 を含むブックマーク はてなブックマーク - 何かを完全否定して、何かを絶対視することの危険性 - 資本主義から民主主義へ!小さな行動 何かを完全否定して、何かを絶対視することの危険性 - 資本主義から民主主義へ!小さな行動 のブックマークコメント

 衆院選の結果が出たことだし、そろそろ落ち着いて冷静に考える頃ではないでしょうか。

人間の心というものがとても不完全・不安定にできている事を忘れず、

何かを崇拝するのではなく、常識に照らし合わせた判断力を養う。

自分の心理状況がどうなっているのか、常に自問自答すること。

様々な可能性を否定しない。

とにかく、何かを完全否定して、何かを絶対視することの危険性を

皆様、よ~くご承知くださいませね。

以上、

チャンネル桜 チーム桜子 『無神論者カルト信者

  http://csakura.sblo.jp/article/31795264.html

 

 朝日新聞民主党を完全否定してチャンネル桜自民党を絶対視するのはどうなのかとか、これを書かれた方自身がこの姿勢を実践しているのかどうかはともかく、この部分のみを取り出してみるといいこと書いていますね。

 田母神俊雄クンなんかにも当てはまる指摘ではないでしょうか。

 

 こんな記事もありました。

俺は、左だろうが右だろうが、半々だと思ってるのね。でも、互いに、互いの考え方が100%正しいと思ってるからどちらも嫌いなのよ。

だって、100%正しいと思った時点で間違いになるからだ。

そういう人間コミュニケーションを取ることくらい無駄な事って無いでしょ。だって、絶対にかみ合わないんだから。

チープインパクト 宝くじ売り場のおばちゃんにまで言われちゃった。

  http://blogs.dion.ne.jp/usefulgag/archives/8716927.html

 

 私自身も自戒しないといけないな。

 政治関係のブログを書いている人が気をつけると、立場を超えてもっと前向きで有意義な意見交換ができるでしょう。

 

 国家歴史についても絶対視するのではなく、もっと客観的に冷静に見ることが必要でしょう。

 日本国家人間が運営している以上、全てが正しかったというわけでもなく、批判するところは批判して反省し、評価するところは評価する、というのではいけないのでしょうか。

 日本の歴史を神聖化・タブー視して批判すべきことは一切なかった日本の歴史は栄光の歴史連続の完全無欠で純潔なものだ、と強弁して歴史を書き換えようとするのは無理があるのではないでしょうか。

 

政権交代で「ネット右翼」危機? 2ちゃんねるでも潮流変化か

  http://www.j-cast.com/2009/09/01048643.html

はてな匿名ダイアリー

 ■ネトウヨ大憤死の巻

  http://anond.hatelabo.jp/20090831052505

 ■「ネトウヨなんて実在するの?」

  http://anond.hatelabo.jp/20090901001358

………………………………………………………………………………………………

にほんブログ村 政治ブログ リベラルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村

     ↑このブログを応援してやろうと思われた方はクリックお願いします

s(・・;)  助けるつもりでクリック

      ボランティアクリック

      弱小ブログに励ましの1票を

………………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………………